タグ別アーカイブ: 赤ちゃん

赤ちゃんとアロマテラピー

baby-17338_640

 

8ヶ月を過ぎてからも、相変わらず夜中に何度も目を覚ますので、なんとか夜中少しでも長く寝てくれないだとろうかと考えていました。

 

数年前に少しだけ家でやったことのあるアロマはどうだろう?

と、リラックス効果のあるラベンダーのオイルを購入して、ティッシュペーパーに数滴しみこませて寝室に置いてみました。

前の日は夜中2時間おきくらいに起きていたのですが、3~4時間はその日は寝てくれていたかな^^:

実際アロマの効果があったかは謎ですが、一緒に寝てる私たち大人もリラックスできるので、そのまましばらくやってみようかなという感じです☆

 

乳幼児には使用しないほうが良いアロマオイルも中にはあるみたいですが、ラベンダーはアロマオイルの中でもゆったりとできるリラックス効果があるらしいので、よく使われているみたいですね。

授乳期が終わったら、アロマバスなんかもチャレンジしてみたいな~と考えています。

 

娘が寝た後は、好きな香りで芳香浴を大人だけえ楽しんでいます^^

 

 

赤ちゃんの機嫌について

うちの子が機嫌が悪い時は、だいたい眠たいかお腹が空いたかの
どちらかであることがほとんどです。  

たまに謎の不機嫌タイムはあるのですが、だいたいがその2大欲求が
満たされていないことからくる不機嫌が多いですね^^;

赤ちゃんはだいたいそうなのかもしれませんが。  

子供の愛し方について

今日は、朝から家族でお出かけをしていたため、
お昼寝が十分にできずに夜はずっとグズっていました。

眠たいけど、ここでは寝られない~!
みたいなのがあるのかもしれませんね、赤ちゃん的には^^;

たしかに、寝る時はいつでも暗めの静かなお部屋で寝かすことにしているので、
うるさいところだと眠れないしイライラしちゃうのかななんて少し思いました。  

まだまだ新米ママで、娘の気持ちが分かってあげられていない部分も多々あるのだろうな~と思うので反省もあります^^;

抱っこばかりはしていられない時もありますが。

子育てというのは、本当に何が正しいのかというのが分かりにくいものだし、
正しかったとかそういうのが分かるとすれば子どもが大きくなってからですよね。

 まあとにかく、ママも娘もなんとなくゴキゲンでいられる毎日だったらいいかな~とは思っています☆

猫と赤ちゃんの不思議な会話

うちでは猫を飼っているのですが、最近娘が猫に興味津々でよく猫の動きを目で追っています。

寝返りした姿勢から猫の方を見てお互い見つめ合っていたり、娘が猫に向かってウーウーと何かお話しているような場面を見かけるようになりました。

 

猫は猫で、その様子を静かにジーッと見ています。

その様子がなんだか微笑ましくて、少し離れたところから観察しています。

そのうち、猫が少し近づいてきて娘の手をクンクン嗅いでいたり(笑)

 

赤ちゃんから見て猫はどんな風に映っているんだろうとか、赤ちゃんと猫にしか分からないテレパシーみたいなものがあったりして、とか色々と考えていると面白いです^^

 

娘が産まれたばかりの頃は、猫の方が怖がって近寄っても来なかったのですが、最近はお互い興味を示しはじめていますね。

上手いこと、共存しています(笑)

 

猫と一緒に生活することで動物が好きになったら嬉しいし、毎日の刺激にもなればいいなあと思います。

 

これからの、猫と赤ちゃんの関係性の変化に注目してみようと思います☆

 

 

 

生後5ヶ月~寝返り~

生後5ヶ月を過ぎた今日、娘が寝返りに成功しました^^
 
 
私が引っ越しの掃除や整理で留守をしている間にじぃじとばぁばと練習をしていたらしく、私が帰ってきたときにはすでにできていました(笑)
 
もっと一緒にいるときに練習させてあげていたらよかったかな~?と思いました^^;
 
 
寝返りができて、みんなに褒められて得意げな娘でした~!
 
 
 
赤ちゃんの成長は早くて、本当に毎日少しづつ進化しているような気がします。
 
表情や発語、動作まですべて昨日とは少し違っているような。
 
この世に出てきた日から、大人の何倍ものスピードで成長しつづけてるんでしょうね。
 
 
 
赤ちゃんを見ていると、人間って本当に不思議だな~と感じます。
 
少し前までお腹の中で生活していたのに、5ヶ月で体重も生まれた時の倍以上になって笑顔も見せるようになり、寝返りまでするようになるんですもんね。
 
 
 
赤ちゃんの時期なんて、ほんの一瞬なんだろうなと思いますね。
 
そう考えると今を大切にしないと、と思いつつ少しの間なんだと思うとなんだか少し寂しい気もします。
 
 
 
あんなに大変な出産を何度もできてしまうのは、やっぱり赤ちゃんの無垢なかわいさに勝るものがないからなのでしょうか。
 
私は今はまだもう一回あの出産ができる気がしないのですが、娘が少し大きくなったらまたもう一回赤ちゃんを抱きたい、育てたいと思うのかなぁとふと考えたりもします。
 
 
 
とにかく今は、毎日の娘の成長を見ているのが楽しいですね^^
 

赤ちゃんの抱き癖について

泣いている赤ちゃんを、泣き出したからといって抱っこばかりしていると抱き癖がつくよ!

というのは、昔から言われてきたことだと思います。

実際、娘が産まれたときにひいおじいちゃんに言われたりしました。

 

でも、産婦人科の先生は「抱き癖なんて気にしないで、どんどん抱っこしてあげてね」とおっしゃっていたので、私はどちらかというと気にせず泣いたらすぐに抱っこしてあげていました。

娘は5ヶ月になり、朝は割とひとり遊びもするのですが昼くらいになるとかまっていないと不機嫌になるようになっています(笑)

夜はしっかりぐっすり寝てくれるので、多分とても楽な子なのだと思いますが、抱き癖というのは結局どういうことなのかな?という疑問が今でも私の中にあります。

娘を見ていて、抱き癖がついていると言われればそうなのかもしれませんが、まあ一人でも遊んでいる時はあるし・・・。

 

生後2~3ヶ月までは、泣く時は本能で泣いているので抱き癖というのはないのだそうですね。

癖がつくとすればそれ以降で、その頃から甘えの感情などが出てくるようです。

 

赤ちゃんは小さくて、甘えることで安心感を得られるのだろうなと思うので、私は思う存分甘えられる時に甘えさせてあげたいと考えています。

これから成長していく上で、嫌でも厳しさでしつけなければならないときは来ますもんね。

必要以上に抱っこばかりというのも、こちらも疲れるし良くないとは思うのですが^^;

 

 

 

赤ちゃんの個性が出る時期?

なんだか最近、急にわが子の個性がだんだんと出てきたような気がします。

現在5ヶ月なのですが、このくらいから生まれながらの個性って出てくるものなのでしょうか。

人それぞれかな(笑)

 

まだ赤ちゃんなので分からないですが、娘はなんだかとても力強くて頑固な性格のようです。

他の赤ちゃんと比べたわけではないのでなんとも言えないところはありますが、遊びたい時は遊んでくれるまでギャンギャン泣き止まず、一人で遊びたい時はひたすら一人でおしゃべりしながら遊んでいます。そういう時にこちらが何かしてもまったく無反応だったり(笑)

4ヶ月までくらいの娘と違ってきているので、日々その成長が面白いですね。

 

でも、赤ちゃんというのは本当に不思議な存在です。

あんなに小さくて、まだ生まれて間もないのにもうちゃんと意思があって、ママやパパやいつもよく会う人とそうでない人の見分けもちゃんとつくのです。

パパが帰ってくると手足をバタバタさせて喜ぶし、知らない人が目の前にいると不思議そうな顔をします。

 

これから、もっともっと個性が出てくるのでしょうね。

親の育て方によっても変わる部分はあるでしょうが、娘の生まれ持った個性がどんなものなのかこれから楽しみです^^

 

赤ちゃんが繋ぐ人とのご縁

もうすぐ5ヶ月になる娘と一緒にお出かけしていると、色んな所で知らない人に話しかけられます。

主に話しかけてきてくれるのはおばちゃんですが、たまにおじちゃんもいたり。

 

かわいいと言ってもらえるとやっぱり嬉しいので、人見知りな私でもけっこうそれがきっかけで知らないおばちゃんと仲良くお話ができたりします。

電車の中で話しかけられることが多く、どちらかが降りるまでの短い時間ですが、それもまた出会いですよね^^

赤ちゃんを連れていなかったら出会えなかったような人と出会えるというのもなんだか不思議で、少しの時間一緒に笑顔でお話できるご縁を作ってくれる娘に感謝したい気分にもなりますね。

 

おばちゃんはきっと子育てもしてきたベテランさんなので、赤ちゃんへの話しかけ方とか本当に上手だし、優しいまなざしで赤ちゃんを眺めていてくれます。

 

育児に関するアドバイスをもらえたり、大変やねぇと共感してくれたりと、なんだかほんわかした空間になっているのが嬉しいです。

 

子育ては、本当に色んな意味で新しい経験ができますね☆

赤ちゃんとのお引越し

今月末に、実家の近くに家族で引越しすることになりました。

 

育児中に引越しというのは時間的に間に合うかな、とか色んな不安があったのですが、なんとか手続き関係も終えることができてあとは最後の荷造りくらいになりました。

市役所での手続きがけっこうたくさんあってびっくりでしたが^^;

 

引越し完了してからも、また転入の手続きや娘の手当て関係の手続きで大忙しになりそうです。

新しく予防接種の予定を組み直したり、新しい市の子ども関係の手当てや医療のしくみを聞きに行ったりなんやかんやありますね。

 

でも心機一転、新しい場所での生活は楽しみの方が多く、私の地元でもある場所なので安心感もありますね。実家が近いと何かと心強いです本当に。実家ってありがたい存在ですよね。

保育園や幼稚園に通う前にお引越しした方がいいかな、と考えたこともあって娘が五ヶ月のこの時期に引っ越すことにしました。

今ならまだハイハイも歩くこともないので、引越しの間預かってもらいやすいというところもメリットだなと。

 

引越しは大きなイベントですが、家族に協力してもらいながら頑張ろうと思います^^

子育て支援の利用について

住んでいる市によっても様々な子育て支援があると思いますが、私の住んでいる市では数年前から子育て支援強化をし始めたそうで、子育てをするママのために色んな支援があります。

赤ちゃんとママが孤立してしまわないように、市のところどころに赤ちゃんを連れて遊びにいける場所があったり、その場所まで一人で行きにくいママのために保育士さんやランティアの方が家まで迎えにきてくれてくれたりというサービスもあるようです。

 

そんなささいな気遣いがママの立場としては本当に心強いです^^

いくら集まれる場所があっても、一人で行くのがなかなか億劫になってしまうのが本当のところですよね。

色んな人とお話はしたいけれど、もうすでにママの輪ができていて入りにくい・・・なんてことになったら嫌だなとか色々考えてしまうから。

 

こういうのはママの気持ちをちゃんと汲んでくれているサービスだなと感じます。

まだ行ってみたことはないので、一度少し暖かくなったらベビーカーで行ってみようかなと思います☆

 

 

 

赤ちゃんが笑うポイント

赤ちゃんが笑うポイントはどこにあるのかな?

と最近ずっと観察していました。

 

あやす人によって笑ったり笑わなかったりするその差はどこにあるのかな、と不思議に思っていたもので^^

大人には分からない赤ちゃん的なツボみたいなものもあるのだとは思いますが、ポイントは笑わそうとする大人が楽しんでいるかどうか、一生懸命赤ちゃんを笑わそうとしているかということだということを発見!!

声の大きさなども多少関わっているかなとは思いますが、照れなく思いっきり笑わそうとしているかどうかなのだなと。

 

いつでも全力で笑わそうとするパパやひいじいちゃんにはいつもニコニコの娘。

逆に、少し控えめなばあばには少しくらいしか笑わず。

赤ちゃんはきっと小さいけれど感覚は鋭くて、相手をちゃんと見ているのだなあとひとり勝手に分析していました(笑)

 

赤ちゃんの笑顔は、本当に天使のようでかわいいですね^^