月別アーカイブ: 2014年2月

離乳食の開始

5ヶ月に入ってすぐに娘が寝返りできるようになったので、次は離乳食です。

 

今日から離乳食をはじめました。

おかゆをさらに煮詰めたようなゆるゆるのごはんをスプーンで少しづつ食べさせてみました。

初日なので、まだあまり食べないだろうからスプーン1杯くらいから!

と遠慮ぎみに口の方へスプーンを運ぶと・・・

 

パクッ!!

と口を開けて、モグモグを口を動かし食べてくれました。

びっくりでした^^;

 

さっきまでおっぱいしか飲んだことがなかったのに、食べ方が分かるんですね。

またもや赤ちゃんのすごさを実感。

そして、娘の食欲旺盛さにびっくり!

 

おっぱいもとてもよく飲む子だったので、ご飯もいっぱい食べるのかなぁと思いました。

あげると、どんどん食べるのである程度でやめましたが^^;

 

でもやっぱり、たくさん食べてくれるのは嬉しい事ですね☆

少しづつかぼちゃやニンジン、じゃがいも、りんごなどもあげてみようと思います。

私の食べさせ方がまだまだへたくそなので、口の周りはベトベトになっちゃってましたが(笑)

 

離乳食スタートしたので、色々とがんばります^^

 

生後5ヶ月~寝返り~

生後5ヶ月を過ぎた今日、娘が寝返りに成功しました^^
 
 
私が引っ越しの掃除や整理で留守をしている間にじぃじとばぁばと練習をしていたらしく、私が帰ってきたときにはすでにできていました(笑)
 
もっと一緒にいるときに練習させてあげていたらよかったかな~?と思いました^^;
 
 
寝返りができて、みんなに褒められて得意げな娘でした~!
 
 
 
赤ちゃんの成長は早くて、本当に毎日少しづつ進化しているような気がします。
 
表情や発語、動作まですべて昨日とは少し違っているような。
 
この世に出てきた日から、大人の何倍ものスピードで成長しつづけてるんでしょうね。
 
 
 
赤ちゃんを見ていると、人間って本当に不思議だな~と感じます。
 
少し前までお腹の中で生活していたのに、5ヶ月で体重も生まれた時の倍以上になって笑顔も見せるようになり、寝返りまでするようになるんですもんね。
 
 
 
赤ちゃんの時期なんて、ほんの一瞬なんだろうなと思いますね。
 
そう考えると今を大切にしないと、と思いつつ少しの間なんだと思うとなんだか少し寂しい気もします。
 
 
 
あんなに大変な出産を何度もできてしまうのは、やっぱり赤ちゃんの無垢なかわいさに勝るものがないからなのでしょうか。
 
私は今はまだもう一回あの出産ができる気がしないのですが、娘が少し大きくなったらまたもう一回赤ちゃんを抱きたい、育てたいと思うのかなぁとふと考えたりもします。
 
 
 
とにかく今は、毎日の娘の成長を見ているのが楽しいですね^^
 

赤ちゃんの抱き癖について

泣いている赤ちゃんを、泣き出したからといって抱っこばかりしていると抱き癖がつくよ!

というのは、昔から言われてきたことだと思います。

実際、娘が産まれたときにひいおじいちゃんに言われたりしました。

 

でも、産婦人科の先生は「抱き癖なんて気にしないで、どんどん抱っこしてあげてね」とおっしゃっていたので、私はどちらかというと気にせず泣いたらすぐに抱っこしてあげていました。

娘は5ヶ月になり、朝は割とひとり遊びもするのですが昼くらいになるとかまっていないと不機嫌になるようになっています(笑)

夜はしっかりぐっすり寝てくれるので、多分とても楽な子なのだと思いますが、抱き癖というのは結局どういうことなのかな?という疑問が今でも私の中にあります。

娘を見ていて、抱き癖がついていると言われればそうなのかもしれませんが、まあ一人でも遊んでいる時はあるし・・・。

 

生後2~3ヶ月までは、泣く時は本能で泣いているので抱き癖というのはないのだそうですね。

癖がつくとすればそれ以降で、その頃から甘えの感情などが出てくるようです。

 

赤ちゃんは小さくて、甘えることで安心感を得られるのだろうなと思うので、私は思う存分甘えられる時に甘えさせてあげたいと考えています。

これから成長していく上で、嫌でも厳しさでしつけなければならないときは来ますもんね。

必要以上に抱っこばかりというのも、こちらも疲れるし良くないとは思うのですが^^;

 

 

 

ママがひとりの時のお風呂術

パパが赤ちゃんをお風呂に毎日入れてくれる家庭は良いですが、お仕事の都合などでなかなかお風呂をパパに入れてもらえなくて、ママがひとりで頑張らなければいけないことってありますよね。

 

私自身もそうでした。

生後2ヶ月目からは、里帰り出産から家に帰ってきて赤ちゃんと2人きりの日が多く、お風呂も一人で入れなければなりませんでした。

最初はベビーバスで入れていたのですが、赤ちゃんの成長はとても早く、すぐにベビーバスでは狭くなってきて3ヶ月の頃にはもう家のお風呂に入れなければならなくなりましたね^^;

季節は真冬だったので、最初はどうやって入れようか?と迷いました。

 

色々と試した結果、この方法に落ち着きました。

①脱衣所を暖房器具で暖めておく

②自分が裸になって、赤ちゃんは服を着せたままお風呂へ

③先に自分が身体を洗い、その間赤ちゃんはお湯の入っていないベビーバス(空気で膨らませるタイプのベビーバスです)に服を着せたまま座らせておく。

④赤ちゃんの服を脱がせて、一緒に浴槽につかる

⑤赤ちゃんを洗い、そしてま浴槽に一緒につかる

⑥一緒にあがって脱衣所にベビーバスごと赤ちゃんに待機してもらい、すばやく身体を拭きバスローブを身にまとう。

⑦赤ちゃんをバスタオルにくるみ、服を着せてあげる

⑧自分の服を着る

 

とこんな感じです^^

 

自分もちゃんとお風呂に入りながら、赤ちゃんをお風呂に入れられる方法はこれかな?と思い実践しています。

 

他にも良い方法があったら知りたいなぁ。

赤ちゃんの笑うツボ

私は、赤ちゃんを笑わせたりあやすのが苦手な方でした。 

 

笑わそうとして、笑ってくれなかったらとか、笑わせ方が分からないとかそういう風なことを考えてしまって勝手に苦手意識を感じていました^^;

でも、自分に子どもができてからは赤ちゃんを笑わすポイントのようなものが少しつかめてきたような気がします。

もしかすると、ポイントをつかめたというよりはただ赤ちゃんという生き物に慣れてきたということなのかもしれませんが(笑)

 

赤ちゃんは、思いっきり笑わそうとすればするほど笑ってくれます。

こちらが照れたり、恥ずかしがったり迷いがあると、それが赤ちゃんに伝わってしまい笑わなくなってしまうのですね。

目を見て笑顔で話しかけたり、あやしたりすると結構な確率で笑ってくれます。

もちろん、赤ちゃんの機嫌もあるのでいつもというわけにはいきませんが^^;

 

赤ちゃんは、小さいながらもきっと自分のことをこの人は好きなのかどうかということがなんとなく分かるのではないかな?と思います。

生まれたばかりだけれど、ちゃんと鋭い感覚を赤ちゃんは持っているのだなと娘を見ていても思います。

 

赤ちゃんの笑顔には本当に癒されますよね。

 

赤ちゃんに笑って欲しくて、いつもけっこう必死にバカなことをしつつ楽しんでいます(笑)

 

 

 

赤ちゃんの個性が出る時期?

なんだか最近、急にわが子の個性がだんだんと出てきたような気がします。

現在5ヶ月なのですが、このくらいから生まれながらの個性って出てくるものなのでしょうか。

人それぞれかな(笑)

 

まだ赤ちゃんなので分からないですが、娘はなんだかとても力強くて頑固な性格のようです。

他の赤ちゃんと比べたわけではないのでなんとも言えないところはありますが、遊びたい時は遊んでくれるまでギャンギャン泣き止まず、一人で遊びたい時はひたすら一人でおしゃべりしながら遊んでいます。そういう時にこちらが何かしてもまったく無反応だったり(笑)

4ヶ月までくらいの娘と違ってきているので、日々その成長が面白いですね。

 

でも、赤ちゃんというのは本当に不思議な存在です。

あんなに小さくて、まだ生まれて間もないのにもうちゃんと意思があって、ママやパパやいつもよく会う人とそうでない人の見分けもちゃんとつくのです。

パパが帰ってくると手足をバタバタさせて喜ぶし、知らない人が目の前にいると不思議そうな顔をします。

 

これから、もっともっと個性が出てくるのでしょうね。

親の育て方によっても変わる部分はあるでしょうが、娘の生まれ持った個性がどんなものなのかこれから楽しみです^^

 

赤ちゃんが繋ぐ人とのご縁

もうすぐ5ヶ月になる娘と一緒にお出かけしていると、色んな所で知らない人に話しかけられます。

主に話しかけてきてくれるのはおばちゃんですが、たまにおじちゃんもいたり。

 

かわいいと言ってもらえるとやっぱり嬉しいので、人見知りな私でもけっこうそれがきっかけで知らないおばちゃんと仲良くお話ができたりします。

電車の中で話しかけられることが多く、どちらかが降りるまでの短い時間ですが、それもまた出会いですよね^^

赤ちゃんを連れていなかったら出会えなかったような人と出会えるというのもなんだか不思議で、少しの時間一緒に笑顔でお話できるご縁を作ってくれる娘に感謝したい気分にもなりますね。

 

おばちゃんはきっと子育てもしてきたベテランさんなので、赤ちゃんへの話しかけ方とか本当に上手だし、優しいまなざしで赤ちゃんを眺めていてくれます。

 

育児に関するアドバイスをもらえたり、大変やねぇと共感してくれたりと、なんだかほんわかした空間になっているのが嬉しいです。

 

子育ては、本当に色んな意味で新しい経験ができますね☆

赤ちゃんとのお引越し

今月末に、実家の近くに家族で引越しすることになりました。

 

育児中に引越しというのは時間的に間に合うかな、とか色んな不安があったのですが、なんとか手続き関係も終えることができてあとは最後の荷造りくらいになりました。

市役所での手続きがけっこうたくさんあってびっくりでしたが^^;

 

引越し完了してからも、また転入の手続きや娘の手当て関係の手続きで大忙しになりそうです。

新しく予防接種の予定を組み直したり、新しい市の子ども関係の手当てや医療のしくみを聞きに行ったりなんやかんやありますね。

 

でも心機一転、新しい場所での生活は楽しみの方が多く、私の地元でもある場所なので安心感もありますね。実家が近いと何かと心強いです本当に。実家ってありがたい存在ですよね。

保育園や幼稚園に通う前にお引越しした方がいいかな、と考えたこともあって娘が五ヶ月のこの時期に引っ越すことにしました。

今ならまだハイハイも歩くこともないので、引越しの間預かってもらいやすいというところもメリットだなと。

 

引越しは大きなイベントですが、家族に協力してもらいながら頑張ろうと思います^^

寝返りと離乳食

娘ももう間もなく5ヶ月を迎えます。

5ヶ月といえば、寝返りと離乳食をはじめる時期のようですが、寝返りはまだ一度も成功していません^^;

わが子はぽっちゃり体型でおしりが重いからか、冬なので着込んでいるからかは分かりませんが、まだクルッとまわれそうにもないですね。時々ウーンウーンと言いながら身体をクネクネはしているものの、まわれるような気配はなく・・・。

 

春になって暖かくなってきたらまわるのかなと期待しています(笑)

あせらずに、という感じですね。

 

そして、5~6ヶ月からは離乳食がはじまる時期です。

この間の健康診断の時に、離乳食のレシピをもらったのでそれを参考にゆっくりはじめていこうと思います。

いつも母乳ばかり飲んでいて、急におかゆとか食べられるのかな~と大人的には思ったりするのですが、少しづつ慣らしていけば食べられるんですねきっと。

赤ちゃんの能力というのは、考えてみればすごいなぁと思います。

心と身体の成長も驚くほど早く、私たちが思っているより色んなことを分かっているのだろうなと思います^^

 

ママも娘と一緒に成長していかなければ!^^;

 

子育て支援の利用について

住んでいる市によっても様々な子育て支援があると思いますが、私の住んでいる市では数年前から子育て支援強化をし始めたそうで、子育てをするママのために色んな支援があります。

赤ちゃんとママが孤立してしまわないように、市のところどころに赤ちゃんを連れて遊びにいける場所があったり、その場所まで一人で行きにくいママのために保育士さんやランティアの方が家まで迎えにきてくれてくれたりというサービスもあるようです。

 

そんなささいな気遣いがママの立場としては本当に心強いです^^

いくら集まれる場所があっても、一人で行くのがなかなか億劫になってしまうのが本当のところですよね。

色んな人とお話はしたいけれど、もうすでにママの輪ができていて入りにくい・・・なんてことになったら嫌だなとか色々考えてしまうから。

 

こういうのはママの気持ちをちゃんと汲んでくれているサービスだなと感じます。

まだ行ってみたことはないので、一度少し暖かくなったらベビーカーで行ってみようかなと思います☆