カテゴリー別アーカイブ: 子育てノウハウ

離乳食を1日2回へ

離乳食をはじめて1ヶ月以上が過ぎたので、1日2回食に少し前からし始めました。

 

うちの子はとてもよく食べるので、少し早めの時期から離乳食の1回分の量を増やしたりはしていましたが、夜にもお腹が空くようなので2回食に(笑)

2回食にしても、ペロリと完食してしまいます^^

頼もしくて健康な証拠とも考えられるのですが、オデブになっていかないか少し不安もあります・・・。

 

サツマイモ、ほうれん草、ニンジン、じゃがいも、かぼちゃなどをすり潰してたくさん冷凍保存しています。

サツマイモおかゆやかぼちゃおかゆは、甘みがあるからか娘はすごくパクパク食べてくれます。

ほうれん草おかゆの時とはスピードが違いますね(笑)

 

白身の魚やトマト、豆腐なども毎日の離乳食に取り入れていきたいのですが、トマトや豆腐は作り置きが難しいというのもありまだあげられていません。

卵はもう少ししてからあげてみようかなという感じです。

 

1日2回食になると、食べる分の消費量も多くなるので作り置きのスパンが短くなって大変です!

でも美味しそうにパクパク食べてくれるので作りがいもありますね。

来週くらいから、もう少し離乳食レシピのバリエーションを増やして、美味しいものをたくさん食べさせてあげたいと思います^^

離乳食で注意が必要な食べ物

離乳食をはじめたばかりの頃に、食べさせない方が良いものもけっこうあるようですね。

 

卵、乳製品などはこの時期はまだあげない方が良いそうです。

アレルギーの関係もあるのでしょうね。

あとは、成分がきつそうなものなどは避ける方が良いと聞きました。

 

昨日と今日は、お通じが良くなると知ってバナナをあげてみたのですが、母から聞いたところによるとバナナは外国産のものがほとんどのため農薬が気になるからあまりあげない方が良いのでは?といわれました。

言われてみれば、外国産の果物などは輸出前提で作っているものも多いだろうし、薬品関係がたさん使われているかもしれないと思いました。

それまではリンゴをあげていたのですが、最近うんちが出る回数が極端に減ったのでリンゴを食べたから便が固くなったのかなと思いバナナにしたのでした^^;

 

やっぱり、農薬などのことも考えてあげないとな~と思いました。

ほうれん草なんかも、農薬がかかっているので必ず良く洗ってそして茹でてから裏ごしするなどして食べさせるのが良いようですね。

 

食材選びからしっかりしなきゃ!と思いました^^

離乳食の作り置き

今日は、娘の離乳食の作り置きをたくさん作る日にしてみました。

 

買い置きしていたサツマイモ、にんじん、じゃがいも、かぼちゃを茹でて、それぞれをマッシュ状にして小さなラップに包んでたくさん冷凍保存しておきました^^

今は5ヶ月で離乳食をはじめたばかりなので食べる量も少なく、毎日作るにはかなり手間なくらいの量なので頑張って今のうちに作り置きしておこう!と奮起したのです(笑)

 

すり鉢やうらごし器をまだ買っていなかったので、木べらで必死に細かくつぶしまくりました。

腕がダルイ・・・^^:

でもなんか、保存食がたくさんあるというのは心強いですね!

今日はどの組み合わせで食べさせてあげようかな~なんてちょっとワクワクするし。

 

今日の献立は、昼間にバナナを食べさせて、そして夜にはにんじんを混ぜたおかゆとじゃがいものマッシュを食べさせてみました。

用意した分をペロリと一気に完食!!

最近は自分から口を開けてなんでも食べようとするようになりました。

 

味付けようの野菜スープのもともゲットしたので、徐々に味をつけて食べさせてみようと思っています^^

 

 

赤ちゃんの抱き癖について

泣いている赤ちゃんを、泣き出したからといって抱っこばかりしていると抱き癖がつくよ!

というのは、昔から言われてきたことだと思います。

実際、娘が産まれたときにひいおじいちゃんに言われたりしました。

 

でも、産婦人科の先生は「抱き癖なんて気にしないで、どんどん抱っこしてあげてね」とおっしゃっていたので、私はどちらかというと気にせず泣いたらすぐに抱っこしてあげていました。

娘は5ヶ月になり、朝は割とひとり遊びもするのですが昼くらいになるとかまっていないと不機嫌になるようになっています(笑)

夜はしっかりぐっすり寝てくれるので、多分とても楽な子なのだと思いますが、抱き癖というのは結局どういうことなのかな?という疑問が今でも私の中にあります。

娘を見ていて、抱き癖がついていると言われればそうなのかもしれませんが、まあ一人でも遊んでいる時はあるし・・・。

 

生後2~3ヶ月までは、泣く時は本能で泣いているので抱き癖というのはないのだそうですね。

癖がつくとすればそれ以降で、その頃から甘えの感情などが出てくるようです。

 

赤ちゃんは小さくて、甘えることで安心感を得られるのだろうなと思うので、私は思う存分甘えられる時に甘えさせてあげたいと考えています。

これから成長していく上で、嫌でも厳しさでしつけなければならないときは来ますもんね。

必要以上に抱っこばかりというのも、こちらも疲れるし良くないとは思うのですが^^;

 

 

 

ママがひとりの時のお風呂術

パパが赤ちゃんをお風呂に毎日入れてくれる家庭は良いですが、お仕事の都合などでなかなかお風呂をパパに入れてもらえなくて、ママがひとりで頑張らなければいけないことってありますよね。

 

私自身もそうでした。

生後2ヶ月目からは、里帰り出産から家に帰ってきて赤ちゃんと2人きりの日が多く、お風呂も一人で入れなければなりませんでした。

最初はベビーバスで入れていたのですが、赤ちゃんの成長はとても早く、すぐにベビーバスでは狭くなってきて3ヶ月の頃にはもう家のお風呂に入れなければならなくなりましたね^^;

季節は真冬だったので、最初はどうやって入れようか?と迷いました。

 

色々と試した結果、この方法に落ち着きました。

①脱衣所を暖房器具で暖めておく

②自分が裸になって、赤ちゃんは服を着せたままお風呂へ

③先に自分が身体を洗い、その間赤ちゃんはお湯の入っていないベビーバス(空気で膨らませるタイプのベビーバスです)に服を着せたまま座らせておく。

④赤ちゃんの服を脱がせて、一緒に浴槽につかる

⑤赤ちゃんを洗い、そしてま浴槽に一緒につかる

⑥一緒にあがって脱衣所にベビーバスごと赤ちゃんに待機してもらい、すばやく身体を拭きバスローブを身にまとう。

⑦赤ちゃんをバスタオルにくるみ、服を着せてあげる

⑧自分の服を着る

 

とこんな感じです^^

 

自分もちゃんとお風呂に入りながら、赤ちゃんをお風呂に入れられる方法はこれかな?と思い実践しています。

 

他にも良い方法があったら知りたいなぁ。

赤ちゃんの笑うツボ

私は、赤ちゃんを笑わせたりあやすのが苦手な方でした。 

 

笑わそうとして、笑ってくれなかったらとか、笑わせ方が分からないとかそういう風なことを考えてしまって勝手に苦手意識を感じていました^^;

でも、自分に子どもができてからは赤ちゃんを笑わすポイントのようなものが少しつかめてきたような気がします。

もしかすると、ポイントをつかめたというよりはただ赤ちゃんという生き物に慣れてきたということなのかもしれませんが(笑)

 

赤ちゃんは、思いっきり笑わそうとすればするほど笑ってくれます。

こちらが照れたり、恥ずかしがったり迷いがあると、それが赤ちゃんに伝わってしまい笑わなくなってしまうのですね。

目を見て笑顔で話しかけたり、あやしたりすると結構な確率で笑ってくれます。

もちろん、赤ちゃんの機嫌もあるのでいつもというわけにはいきませんが^^;

 

赤ちゃんは、小さいながらもきっと自分のことをこの人は好きなのかどうかということがなんとなく分かるのではないかな?と思います。

生まれたばかりだけれど、ちゃんと鋭い感覚を赤ちゃんは持っているのだなと娘を見ていても思います。

 

赤ちゃんの笑顔には本当に癒されますよね。

 

赤ちゃんに笑って欲しくて、いつもけっこう必死にバカなことをしつつ楽しんでいます(笑)

 

 

 

子育て支援の利用について

住んでいる市によっても様々な子育て支援があると思いますが、私の住んでいる市では数年前から子育て支援強化をし始めたそうで、子育てをするママのために色んな支援があります。

赤ちゃんとママが孤立してしまわないように、市のところどころに赤ちゃんを連れて遊びにいける場所があったり、その場所まで一人で行きにくいママのために保育士さんやランティアの方が家まで迎えにきてくれてくれたりというサービスもあるようです。

 

そんなささいな気遣いがママの立場としては本当に心強いです^^

いくら集まれる場所があっても、一人で行くのがなかなか億劫になってしまうのが本当のところですよね。

色んな人とお話はしたいけれど、もうすでにママの輪ができていて入りにくい・・・なんてことになったら嫌だなとか色々考えてしまうから。

 

こういうのはママの気持ちをちゃんと汲んでくれているサービスだなと感じます。

まだ行ってみたことはないので、一度少し暖かくなったらベビーカーで行ってみようかなと思います☆

 

 

 

赤ちゃんの睡眠について

child-228414_640

赤ちゃんによって、睡眠は様々なようです。

 

1歳になっても2~3時間おきに起きる子もいれば、産まれてから数週間で朝までぐっすり寝てくれる赤ちゃんもいるみたいですね。

赤ちゃんの睡眠時間によって、子育ての大変さが大きく変わってくることと思います。

お世話をするママが、睡眠がとぎれてしまうだけで一日の疲れ方も変わってきますよね^^;

 

うちの子は幸い、2ヶ月の終わりくらいから朝までぐっすり眠ってくれるようになりました。

ある、赤ちゃんの睡眠に関する育児書を読んだところによると・・・

赤ちゃんに、夜は夜、朝は朝ときっちり認識させてあげることが大切と書かれていたので実践してみました。夜は寝る時間を決め、真っ暗で静かなところで必ず寝かしつける。そして、朝は遅くまでずっと眠らせておくのではなく、時間を決めてその時間を過ぎないように起こす。朝日を浴びさせてあげるのが大切なのだそうです。

これを実践したところ、睡眠のサイクルが上手くできたのかずっとぐっすり寝てくれるようになりました。

月齢が上がればあがるほど、寝つきも良くなっているような気もします^^

 

このまま、長い睡眠を続けてくれるようになれば嬉しいけど・・・(笑)

 

それはママ(私)の努力次第ですね^^;