3月3日の初節句


baby-20607_640

3月3日は娘の初節句です。

お雛様を実家で飾ってもらい、ちらし寿司でお祝いする予定です(娘は食べられませんが・笑)

 

小さい頃は、母親に毎年お雛人形のかたちをしたちらし寿司を作ってもらっていて、それがかわいくてとても嬉しかったのを今も覚えています。

うずら卵を顔にして、海苔で髪の毛、卵を薄く焼いたものを着物にして立体的な人形のちらし寿司を作ってもらっていましたね。

子どもって、見た目がかわいい食べ物が好きなのかもしれません。

 

娘が少し大きくなって分かるようになったら、私もお雛人形のちらし寿司を作ってあげようと思います^^

印象に残るのは、やっぱり母親やおばあちゃんに手作りの何かを作ってもらったりした事なんだなと今になって思います。

行事ごとの楽しみはそういうところにあったよなあと、子どもを持った今実感したという感じですね。

 

毎年お雛様を出してもらって、片付けるのは早めにしないとお嫁に行き遅れるという迷信を信じ、3月3日のひな祭りが終わるとすぐに片付けてもらっていたなあとか色々と思い出します。

行事ごとなどは簡素化せずにちゃんと毎年しっかりお祝いしてあげたいと思います。

 

その積み重ねが、娘が大人になった時に良い思い出としてよみがえるかもしれないですもんね^^