赤ちゃんの抱き癖について


泣いている赤ちゃんを、泣き出したからといって抱っこばかりしていると抱き癖がつくよ!

というのは、昔から言われてきたことだと思います。

実際、娘が産まれたときにひいおじいちゃんに言われたりしました。

 

でも、産婦人科の先生は「抱き癖なんて気にしないで、どんどん抱っこしてあげてね」とおっしゃっていたので、私はどちらかというと気にせず泣いたらすぐに抱っこしてあげていました。

娘は5ヶ月になり、朝は割とひとり遊びもするのですが昼くらいになるとかまっていないと不機嫌になるようになっています(笑)

夜はしっかりぐっすり寝てくれるので、多分とても楽な子なのだと思いますが、抱き癖というのは結局どういうことなのかな?という疑問が今でも私の中にあります。

娘を見ていて、抱き癖がついていると言われればそうなのかもしれませんが、まあ一人でも遊んでいる時はあるし・・・。

 

生後2~3ヶ月までは、泣く時は本能で泣いているので抱き癖というのはないのだそうですね。

癖がつくとすればそれ以降で、その頃から甘えの感情などが出てくるようです。

 

赤ちゃんは小さくて、甘えることで安心感を得られるのだろうなと思うので、私は思う存分甘えられる時に甘えさせてあげたいと考えています。

これから成長していく上で、嫌でも厳しさでしつけなければならないときは来ますもんね。

必要以上に抱っこばかりというのも、こちらも疲れるし良くないとは思うのですが^^;