出産後の夫婦関係について


「産後クライシス」という言葉を最近知りました。

出産後に夫婦の関係性が変化し、夫婦仲が悪くなってしまう危機のことのようです。

まさに、最近私もその危機を実感しています。

 

産後、女性は子どもを産むという大仕事を終えてお母さんであるという実感も湧きやすいのですが、男性は子どもを産んだわけではなくある日突然お父さんになる。でもすぐには気持ちがついていかずになんとなく父親という自覚はまだわかない。

そんな夫婦の感覚の差のようなものが積もりつもって二人の仲が以前のよには上手くいかなくなるんです。

女性は、赤ちゃんを産むともうすっかりお母さんになるんでしょうね。

男の人は変わらず日々の仕事でいっぱいいっぱいで、今までどおりしてるつもり。

この辺の感覚の違いって、よくよく考えたら仕方のないことでどちらかが一方的におかしいというのではないことが多いのだろうとは思います。

 

私も子育てで精一杯で、旦那さんのことを気にかけている暇がなかったというのもあり、旦那さんは旦那さんで子どもはかわいいけれど、どう扱って良いのかわからないという感じだったのかもしれません。

産後クライシス、とはなるほどなネーミングですね(笑)

今となって思うのは、どの夫婦にもそれぞれに何らかの問題があり、それを二人でどう乗り切るかが大切なのだろうなと。

実際、自覚や感覚の違いに愕然とすることも本当に多いし、これから一緒にやっていけるのだろうかと心配になることもあります。

 

でもきっと、人生の中で試される時期というのは誰にでもあって、私は今がその時なのだろうとようやく思えるようになりました。

 

とにかく、こういうときに一番大切なのは話し合うことだと思います。

思っていることを溜め込んでいてはお互い良くないです!

落ち着いた気持ちで正直に時間をかけてでも話し合うことが大切ですね。